カリキュラム

学生同士で学び、自立するためのカリキュラム

42 Tokyoでは自身でマニュアルを調べたり、検索をしながら課題を解決します。 好きな時に好きなだけ熱中してコードを書き、時には学生同士で助け合いながらエンジニアとして自立を目指します。

42 Tokyoカリキュラムについて

問題解決型学習、コードレビューといった42 Tokyoのカリキュラムを動画で説明しています。

入学試験 Piscine

Piscine(ピシン)は4週間続く42 Tokyoの入学試験です。
オンラインテストに合格した入学候補者は、42 Tokyoのキャンパスで4週間、全員がキャンパスに集まってPiscineを受験します。

毎日を42 Tokyoで過ごし、同じ志を持つ候補者と協力しながらコーディングの課題をクリアしなければなりません。何度も何度も失敗し、それでもモチベーションと自らの意志を保ち続けながら、一生懸命もがき続けた者だけが、晴れて入学となります。
“Piscine”は、フランス語で“スイミングプール”の意味を持ちます。42 Tokyoというプールをもがきながら4週間泳ぎ切りましょう。

42 Tokyoは入試から卒業までずっと、「学生同士で教え合う」ことで課題をクリアしていく機関です。Piscineも同じように、初心者も経験者もお互いに助け合いながら課題に取り組んでいきます。Piscineで出題される問題は、基礎的な内容から始まります。だからこそ、経験に関係なくテストに参加することができます。

  • 経験不問

    経験不問

    プログラミングを一度もやったことがなくても問題ありません。経験の有無に関わらず平等に挑戦することができます。

  • 期間は4週間

    期間は4週間

    Piscineは4週間、昼夜問わず続きます。いつ来ていつ帰るかはあなた次第。あなたの最高を発揮できる生活リズムでPiscineを乗り越えましょう。※

  • 最高の学習体験

    最高の学習体験

    Piscineは300名もの学生と同時に課題に取り組みます。競争しながらも助けあい、4週間ともに課題を克服する体験はとても刺激的です。

42の生徒に質問 入学試験Piscineについて

4週間続くPiscineを42 パリ校の生徒が振り返ります。

42プログラム

Piscine合格後、24時間365日開いている校舎に自分のペースで通い、学生同士でレビューしあい学習を進めていきます。

学生同士で学び合う

社会では先生に頼る事ができません。そのため42 Tokyoでは、きわめて実践的なカリキュラムを用意しています。学生同士で教え合う「ピアラーニング」を駆使し、試行錯誤を繰り返すことによって、エンジニアとしてのスタミナと課題解決力を培います。

自分の好きなペースで学ぶ

42 Tokyoには授業や決められたコースはありません。プロジェクト単位で学習が進むので、基礎を終えた後はあなたの好きなジャンルを、好きなペースで好きなだけ学ぶことができます。
カリキュラムは多岐にわたるジャンルを網羅しています。あなたが興味のある世界を、あなたのペースで勉強していきましょう。

獲得できるさまざまなスキル

  • 適応力・想像力

    適応力・想像力

  • グループ開発

    グループ開発

  • UNIX

    UNIX

  • セキュリティ

    セキュリティ

  • オブジェクト指向開発

    オブジェクト指向開発

  • アルゴリズム・AI

    アルゴリズム・AI

  • グラフィック

    グラフィック

  • DB & DATA

    DB & DATA

  • WEB

    WEB

etc. この他にも様々なジャンルを選択することができます。

学生インタビュー

42 パリ校の学生ジェイに42の学生生活について聞いてみました。

コードを書く準備はできましたか?

学ぶ環境は整えました。
コードを書く準備はできましたか?

入学応募はこちらから

応募する
PCからの閲覧を推奨しております。