42 Tokyo、オンライン臨時プログラムの提供について

 一般社団法人 42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司、https://42tokyo.jp/)は、現在、新型コロナウイルスの影響により、入学試験であるPiscine(ピシン/2020年3月)および、開校の延期を決定しています。 

42 Tokyoは、ピアラーニング方式(学生同士のコミュニケーション)が、特徴で実際にオフラインでの実施のみをしてきました。 

しかし、教育機会の提供を継続していきたいという思いから、この度、入学試験であるPiscine(ピシン)の合格者を対象に、オンライン上で実施できる日本独自の臨時プログラムの提供を2020年4月6日(月)開始しました。 

今回、はじめてオンラインのシステムを導入したことで、日々模索しながらも、リモート環境下でも従来と同様の質で教育が受けられるような体制を実現しています。 

42 Tokyoオンライン臨時プログラム概要 

・期間 
第一セクション 4月6日(月)〜 4月27日(月) 
※変更の可能性あり 
・対象者 
2020年Piscineの合格者 

42 Tokyo概要 

フランス発のエンジニア養成機関42 Tokyoは、年齢、学歴、性別に関係なく、学費が無料で誰でも平等に教育を受けられる機会を提供します。また、授業は教師から学生への一方通行ではなく、学生同士が学びあう「ピアラーニング」方式を採用しています。 
・公式サイト:https://42tokyo.jp
・コンセプトムービー:https://youtu.be/eawhnhTO2oY
・カリキュラムについて:https://youtu.be/i9h8Jy8Zy0I
・本校住所 :港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F 
・授業料 :無料 
・応募条件 :18歳以上 

メディア専用問い合わせ窓口

42 Tokyoメディア専用窓口 
〒106-6224 東京都港区六本木三丁目2番1号 
住友不動産六本木グランドタワー24F 
E-mail:media@42tokyo.jp